肌が黒いと脱毛できない?

脱毛に日焼けは禁物!

脱毛サロンで脱毛をする時、
最初の説明で、

「日焼けはしないでください」と

言われることがあります。

日焼けをするとどうなるか?ご紹介します。

脱毛効果が薄れる

どうして日焼けをしてはいけないか。というと、

脱毛は、黒い毛に反応するようにできています。
ですので、

日焼けで肌の色が黒くなると、毛の色との差がなくなって、
毛に集中して光が当てられないんです。

集中して、当てられない分、脱毛効果も半減。

また、日焼けは、肌の水分を奪って肌が乾燥します。
肌の乾燥状態も、脱毛効果が出にくい
原因となってしまうんです。

脱毛できないでキャンセル扱いになることも・・・

日焼けの度合いによっては、
サロンによって、キャンセル扱いになる事があります。

プランによってはその一回は消化扱いとなって、
お金をドブにすてることに・・・。

脱毛サロンでは、どのように日焼けを判断するかというと、

日焼けをしてない部分(おしりなど)の
元々の肌の色と、日に焼けている部分の差を
目視して、脱毛ができる状態か判断されます。

ですので、サロンによっても、スタッフによっても
判断基準があいまいで、

「この色なら大丈夫!」

という保証がありません。

ですので、脱毛サロンに通うときは、
日焼けをしないように心がけましょう。

全身脱毛をする際、日焼けが酷いと断られる場合があります。

そのため、脱毛当日は、露出が少ない恰好で出かけるようにしましょう

【参照URL】http://全身脱毛が安いおすすめサロン.com

日焼け対策のポイント

日焼け対策に有効的な方法

➀保湿

まずは、肌をしっかり毎日「保湿」することが大切です。
顔や手足だけでなく、

ワキなども、実は、乾燥しがち。

全身くまなく保湿をしましょう。

➁美白クリーム

保湿とプラスして、
美白効果のあるクリームも有効的!

実際、脱毛サロンのスタッフさんも、

美白効果のあるものを使うと、
美白効果のないものに比べて早く肌が
白くなるといっていました!(^^)!

➂日焼け止め

脱毛期間中は、

日焼け止めは、
どんなちょっとの外出の時にも塗りましょう。

まとめ

まとめると、脱毛期間中に日焼けは禁物!
脱毛ができなくなることがある!

脱毛期間中は、とにかく、
保湿、美白、日焼け止めに神経を配りましょう。